コンテントヘッダー

にょろにょろ!

月漫画003


こんにちは!
愛犬ゆえのために冷房をつけるも、自分は冷え症で身体が冷えてしまう看護師Nです
それでも我が家はお犬様優先なのです…!笑


前々回の記事で院長が私の反対を押し切ってバオバブを買ってきてしまいました!
うーん、バオバブというともっと太くてたくましい木を想像していたので、思ったよりもスッキリしていて可愛いかもしれない…じゃなくて!!
ちゃんと責任を持って世話してくださいね!!o(`ω´ )o=3



さて、漫画にも書いてありますが、私は昔フェレットを飼っていました

しかし、リンパ腫という病気になり、3歳という若さでこの世を旅立ってしまいました…。


フェレットには3大疾患と言われるかかりやすい病気があります。


・副腎腫瘍
副腎が腫瘍化し、ホルモンの過剰分泌が起こります。有名な症状として脱毛があげられます。

・リンパ腫
血液のがんです。血液は全身を巡っているため、出てくる症状は食欲不振、元気消失、下痢、嘔吐など様々です。

・インスリノーマ
膵臓に腫瘍ができる事により、低血糖を起こします。この低血糖により発作などが起こります。


ほとんどのフェレットがこの3大疾患のどれかを発症し、また、そのうちの50%が1つの腫瘍が発見された時には2つ目の腫瘍もできていると言われています
この3大疾患を見てわかる通り、フェレットはとても腫瘍・がんが発生しやすい動物です。
寿命で言えば10年は生きられるはずのフェレットも、病気により7~8歳で亡くなってしまう子を多くみます。


また、フェレットも犬と同じようにフィラリアに感染するため、当院ではワンちゃん達の健康診断と同じ時期にフェレットの健康診断も行っております!

…が、残念ながらワンちゃん達よりもフェレットさんは健康診断に対する意識が低いように感じます


当時、まだ学生だった私も
「フェレットはフィラリアの予防と、年1回のジステンパーワクチンをやっていれば大丈夫でしょ!」
と甘く考えていたせいでナンくんの病気の早期発見ができず、手遅れになってしまいました…
今となっては後悔ばかりです。


なので、私と同じように後悔する人が少しでも減るよう、フェレットも健康診断が大事なんだ!という事を多くの人に理解してもらえたらいいなと思っております



健康診断繋がりの話ですが、当院では8月頃にウサギさんの健康診断キャンペーンを予定しております!
次回のブログで詳しい内容や料金等をお伝えしていきたいと思います

スポンサーサイト
プロフィール

miuraah

Author:miuraah
横浜市磯子区にある、みうら動物病院のブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問人数
 
リンク
検索フォーム