コンテントヘッダー

エリカラマスター

月漫画002


こんにちは!
世の中は暖かくなってきたにもかかわらず、冬と全く同じように着込んでいる冷え症の看護師Nです


ゆえはアレルギー・アトピーにより、皮膚が常にぐずぐずして全身かさぶたまみれの酷い時期がありました
約5年ほど、常にエリザベスカラーを付けていたおかげで、立派なエリザベスカラーマスターに成長しました(笑)
今では院長に診察してもらい、治療法を変えたお陰で皮膚はとても綺麗になったため、エリザベスカラーは必要なくなってしまいましたがヽ(´∀`)ノ


病院でも手術後や、皮膚の保護が必要な場合にエリザベスカラーの着用をお願いする場合があります。

…が、

着用してもらって当日~翌日にかけて多くの飼い主様から言われるのが。

「エリザベスカラーを付けたらものすごく嫌がるので外していいですか?」


ダメです!!o(`ω´)o


「かわいそうだから…」とエリザベスカラーを外してしまったがために…

手術後に自分で抜糸して傷口が開いてしまい、また麻酔をかけて傷口を縫い直したり!

怪我した場所を舐め壊して感染症を起こしてしまい、傷が治るまでさらに治療が長引いたり!


さて、どちらの方がかわいそうでしょうか…?|ω・`)



今まで付けた事のないエリザベスカラーを付けられた動物さんたちは、もちろんものすごく嫌がります

しかし、ほとんどの子は数日で諦め、嫌がらなくなってきます!
嫌がらなくても、物にぶつかったりうまく動けないとかなり不満な顔はしますが…


我が子の病気や怪我を早く治してあげるには、飼い主さまが時には心を鬼にして見守ってあげることが大事な時もあるのです。


ただし、ごくまれにどれだけ時間が経ってもエリザベスカラーに慣れず、大暴れしたり生活の質が落ち続けるような子がいます
そのような場合は必ず獣医師に相談をしましょう!

スポンサーサイト
プロフィール

miuraah

Author:miuraah
横浜市磯子区のみうら動物病院のブログです。
気になる事がありましたらお気軽にコメントください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問人数
 
リンク
検索フォーム