FC2ブログ
コンテントヘッダー

チップ

こんにちは、院長です。
先日、迷い犬を保護した方がおりました。
無事に飼い主様のもとに戻られたので、よかったです

その時にマイクロチップの話になりました。
最近はペットショップの時に挿入されている事が多くなりましたが、
まだまだ日本での普及率や認識度は低いようです。

今回のようなケースでも、マイクロチップが入っていれば飼い主様がわかります。



上の写真は実際に当院で使っているチップです。
ノギスの下にある棒のようなものがマイクロチップで、
大きさはだいたい12×2ミリくらい。

その下の針はチップを体内に入れる時の物です。
大きさは人間の献血時に使う針よりはやや大きめです

DSC05857.jpg

拡大したもの。
この中にデータが入ってます。

DSC05858.jpg

当院のマイクロチップリーダーです。
実際にはこの機械で読み取ったデータを登録センターで照会してもらいます。

チップの装着費用は本体代と合わせて5000円です。
センターの登録料が別途1000円かかります。

マイクロチップの装着は自治体からの補助金がでますので、
ご興味があるかたは、ご相談下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

miuraah

Author:miuraah
横浜市磯子区にある、みうら動物病院のブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問人数
 
リンク
検索フォーム