コンテントヘッダー

尿石

こんにちは、院長です。
先日は病院をお休みさせていただき、麻酔外科学会の講習会に参加してきました。
当日、知らずに来院された飼い主様が数名いたようで申し訳ありませんでした。


会場は東京大学で行われました。
何だか、木にも風格があります(^∇^)

今回の内容は「閉塞性尿路疾患」。
最近、尿石などが多いなと感じていましたが、
実際にここ10年ほどで症例が増えているとのことです(;゜0゜)

DSC05594.jpg
DSC05139.jpg

上の写真は、ここ数か月で当院で摘出した尿石です。
以前の尿石と違う事は、内科治療で治らないタイプが多いことです。

理由としては30年前までストラバイト尿石による尿路疾患が問題となってました。
10数年前からストラバイト尿石に対する食事が普及するようになり、
その代わりにシュウ酸カルシウムのよる結石が増えてきました。

この2つの結石はできやすくなる尿の性質が違います。
ストラバイトは尿の性質が酸性になると溶けますが、
シュウ酸カルシウムは酸性で結石化しやすくなります。

また、シュウ酸カルシウムは結石化すると内科治療に反応しません。

DSC05119.jpg

ペットショップなどで「尿石に対応」と書かれているフードもありますが、
犬種や石の成分で治療や処方食が違いますので、
分からないことがございましたら、ご相談ください。

スポンサーサイト
プロフィール

miuraah

Author:miuraah
横浜市磯子区にある、みうら動物病院のブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問人数
 
リンク
検索フォーム