FC2ブログ
コンテントヘッダー

新型コロナウイルスに対する対応方針

こんにちは!
外出自粛の中、家でNintendo Switchで流行りのソフト『あつまれどうぶつの森』を楽しんでいる看護師N(姉)です



外出自粛とは言っても、動物さん達の体調が悪かったり薬をもらいに行かなければならなかったりと、どうしても動物病院に行かなければならない状況が出てきたりする事はあると思います。

この記事のタイトルにもありますが、当院でも新型コロナウイルスへの対応方針を定めさせていただきました。


1.待合室・診察室を含む院内の清掃の徹底
・来院者向けの手指消毒剤の設置をしていますので、来院時にはご使用ください。
・定期的な換気のため、入り口や診察室の扉を開けることがあります。その際は動物さん達の逃走防止にご協力ください。


2.全スタッフの健康管理の徹底
・手洗いや消毒の徹底、および体調不良者の出勤制限を行います。
・感染防止のため、スタッフは全員マスクの着用をさせていただきます。


3.待合室滞在時間の削減
・待合室が混雑する場合は外でお待ちいただく場合がございます。
その際は連絡先をお伺いして、診察になりましたらお呼びさせていただきます。


4.郵送の利用(来院頻度の削減)
・継続して飲んでいるお薬や処方食がある場合は郵送でお送りさせていただく事もできますのでご相談ください。
※送料は飼い主様の負担となります。


5.ご家族の体調不良時への対応
・診察日にご家族に発熱などの体調不良が認められる場合は無理に来院しようとせず、ご家族の休養をご優先ください。


飼い主様にご協力いただく場面もございますがご了承いただけますと幸いです。
ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。




また、ワンちゃんの狂犬病予防注射についてですが、各区で予定されていた公園等の会場での狂犬病予防注射が開催中止となっております。
お手数ではございますが、今年度の狂犬病予防注射につきましてはかかりつけの動物病院での接種をお願いいたします。

詳細は横浜市ホームページをご覧ください。

スポンサーサイト



コンテントヘッダー

フィラリアキャンペーン

こんにちは、院長です。
4月1日から5月31日まで、フィラリア検査のキャンペーンを行います。

フィラリア検査(採血料、フィラリア抗原検査)
  ⇒  ¥2200

血液検査セット(フィラリア検査、全血球計算、生化学検査11項目)
  ⇒  ¥6000  *血液検査セットは診察料込です。

フィラリアセット(フィラリア検査、フィラリア薬6か月分付き)
   ・5.6㎏未満    ¥5500
   ・5.6-11㎏   ¥6200
   ・12-22㎏    ¥7000
   ・23㎏以上     ¥8000

スペクトラセット
(フィラリア検査、フィラリア・ノミ・マダニ予防薬6か月分付き)
   ・7.5㎏未満      ¥12000
   ・7.5-15㎏未満   ¥13000
   ・15㎏以上       ¥14000

*フィラリアセット・スペクトラセットは+¥4000で血液検査セット(診察料込)を追加できます。
*血液検査セットはワクチン・フィラリア薬が10%OFFになります。

薬の種類・投薬方法など、分からないことがありましたら
病院スタッフにご相談ください。
コンテントヘッダー

選択肢多すぎ

こんにちは、院長です。
暖冬の影響か、今年になってすでに3件のノミ・ダニ感染が確認されました。
ちなみに全員とも室内犬or完全室内飼育です。

出入りしている製薬会社の人に聞いたところ、他の病院では5件発生しているところもあるそうです。

飼い主様に伺ってみたところ「予防薬はつけていた」いたそうですが・・
ネットで購入orホームセンターで購入でした。

ホームセンターで販売されている薬は忌避剤で、感染予防の効果はあまりありません。
また、予防薬によって防げる寄生虫が違うため、使用していても感染する可能性はあります。

代表的なものを表にしてみました。

予防


他にもたくさんあり、困ったことに名前が似通っているものもあります
試しに注文表から予防薬の種類を数えてみましたが、30種類以上ありました。
記載のない予防薬もいれたらどれ位あるのでしょうか?

寄生虫の種類、体重、年齢、犬種、基礎疾患などによっても予防薬は変わります。
分からないときはご相談ください。



コンテントヘッダー

予防!

こんにちは!姉と違い花粉症ではない看護師N(妹)です(ですが鼻炎持ち…

最近のニュースといえば「新型コロナウイルス」、毎日のようにニュースでやっていますね
神奈川県は現時点で7名の方が感染し、そのうちの1名が亡くなられたとのことで…いつ自分の所へ来るのか不安です


先日とある飼い主様から、「犬にも感染するんですか?」と聞かれました。
人間のインフルエンザが犬猫にかからないのと同じで、今のところは感染はしないとされています!

とにかく私たちの手洗い・うがい・マスク着用や消毒等の予防をしっかりすることが大事ですね…!

当院にも受付の下に飼い主様用の消毒液をご用意しておりますので是非お使いください


それと「Wan 3月号」が届きました!今回は久しぶりのプードルちゃんですね
こちらも置いてありますので是非
DSC07530.jpg
コンテントヘッダー

ペット保険

こんにちは、院長です。
最近の寒暖差の影響があってか、消化器症状の患者さんが増えてます

普段、病院にかからない子が急に体調を崩すといろいろ心配になるようで、
保険の相談も受けることも多くなりました。

確かに月々の保険料もかかりますし、動物病院は自由診療なので、
治療費も各病院で違い、一概に良いとも悪いとも言えないです。

当院はアニコムなら飼い主様の手続きなしで窓口清算でます。
このアニコムですが、毎年「アニコム白書」を発表しています

世界最大規模のデータ集で、平均年齢や病気、診療費などがわかります。
これによりますと、犬での請求理由の多い順と1頭あたりの年間診療費の平均値を見てみると

1位 外耳炎  ¥39782
2位 弁膜症  ¥225810
3位 嘔吐/下痢/血便   ¥36198

と続きます。他によくある病気をみてみますと

7位 慢性腎不全  ¥243339
9位 アトピー性皮膚炎  ¥123723
11位 椎間板ヘルニア  ¥129643
12位 歯周病  ¥86398
15位 膵炎    ¥203186

手術が必要になる病気では、1回あたりの診療費の平均値が

乳腺腫瘍 ¥119208
子宮蓄膿症 ¥155240
骨折(前肢)  ¥190655

となるそうです
ですので、個人的にはペット保険は加入しておいた方が良いと感じております。

ちなみに「アニコム白書」はネットで閲覧できますので、ご興味のある方は
プロフィール

miuraah

Author:miuraah
横浜市磯子区にある、みうら動物病院のブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問人数
 
リンク
検索フォーム